[simple_crumbs root="Home" /]

本部からのお知らせ
News

つぼ博士のツボ講座:雨の日、クーラーの冷えによるむくみ改善のツボ「委中」

つぼ博士のツボ講座

関東地方は早くも梅雨明けが発表されたようじゃが、他の地域ではまだまだ雨が続いておるようじゃ。
雨の日は気圧が下がるため、体内の水分が増加するといわれておるぞ。その為、雨の日はむくみを感じる人が多くなるのじゃ。

今回は、そんなむくみを緩和するツボ「委中(いちゅう)」を紹介するぞ!

ツボの効果

身体の中で一番むくみやすいと言われる、ふくらはぎのむくみに効果的じゃ!
委中を刺激することで、血流が良くなり老廃物を体の外に排出してくれるぞ。

さらに、委中は腰痛改善のツボとしても有名じゃ。急性の痛みにも効果があり、腰の炎症を起こしているときでも無理なく押すことができるぞ!

ツボの探し方

委中は膝の真後ろ、左右の足にあるツボじゃ。
足を曲げたときにできる、横じわの丁度真ん中あたりにあるぞ。押したときに感じる鈍い痛みは、むくんでいる証拠じゃ!

ツボの押し方

床に座り、軽く足を曲げてツボ押しをするぞ。
足を両手で包むようにして持ち、両手の中指と薬指を使ってゆっくり押していくのじゃ。

痛いところや気持ち良いところを探しながら、委中周辺を満遍なくほぐすような気持ちでツボ押しすると良いぞ。

3秒かけてゆっくり押し、ゆっくり力を抜くを3~5回繰り返すのじゃ。

◎第二の心臓「ふくらはぎ」

どこかで「足は第二の心臓」と聞いたことある者もおるのではないかのぉ?その「足」とはなんとふくらはぎのことなのじゃ。

身体の血液は心臓から押し出されたあと、全身を巡り、また心臓に戻ってくるのじゃ。心臓より上にある、頭や首の血液は重力により簡単に心臓に戻ってくることができるのじゃが、足などの下半身は重力に逆らい心臓に血液を戻す必要があるのじゃ。

そこで、血液を心臓に送るポンプの役割をしているのが「ふくらはぎ」なのじゃ!下半身の血液の流れを促しておるから「第二の心臓」と呼ばれてるんじゃな。

この「ふくらはぎ」をほぐしたり、動かすことにより血液の巡りを良くしてくれるのじゃ。

今回紹介した「委中」のツボ押しはもちろん、かかとを上げ下げする運動などもふくらはぎの血流を良くするのに効果的じゃ。

 
 
いかがじゃったかの?自宅でセルフケアを行い、むくみを少しでも楽にするのじゃ!

痛みを伴い歩行が困難なむくみでお困りなら、レイス治療院に相談じゃ!

LINE@友だち追加


本部からのお知らせ一覧へ
サイトトップへ

初回無料体験実施中

当院では初回に限り、無料でご自宅まで訪問し マッサージの体験を行っております。 無料体験での施術時間は通常と同じ約20分ですが、わずか1回のマッサージでも、施術前と施術後で症状に変化を感じられる方も多いため、 是非一度お申し込みください。