対象となる方
対象となる方がお持ちの傷病や症状をご紹介

寝たきりの方

関節の痛みで歩行が困難な方

車いす利用の方

身体の一部、ないしはすべてに麻痺のある方

高齢による、四肢筋力低下が認められる方

血行障害で下肢が冷たく、浮腫のある方

変形性腰椎症・変形性関節症・変形性脊椎症の方

その他、身体に不自由があり、病院への通院が困難な方

一律に診断名によることなく、筋麻痺や関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例があり、
歩行困難または寝たきりの方で、主治医(医師)によるマッサージの必要性を判断して頂き、
医師によるマッサージに対する施術同意書を頂ける方が対象となります。

以下の症状の方におすすめします

筋麻痺 関節拘縮 筋萎縮 筋固縮
筋力低下 四肢体幹機能障害 骨関節障害 運動機能障害

※医療保険を扱うマッサージは傷病ではなく症状が重視されます。
治癒を目的とするものではなく、あくまでも状態の維持や改善を目的とします。


例えば。。。
傷病:パーキンソン病
症状:筋固縮、全身の筋力低下

マッサージでパーキンソン病を治すことはできません。
しかし、パーキンソン病から起こりうる筋固縮や筋力低下は、マッサージで維持・改善することができます。
このようにマッサージを受けられるか受けられないかが、傷病名で決まることはありません。
あくまでも、傷病によりどういう症状や状態になっているのかが重要になります。

ご利用者様がお持ちの主な傷病名

全身廃用症候群 脳梗塞後遺症 脳出血後遺症 大腿骨骨折後遺症
多発性脳梗塞 バージャー病 筋ジストロフィー ニューロパチー
(末梢神経障害)
変形性腰椎症 変形性膝関節症 変形性頸椎症 慢性関節リュウマチ
腰椎椎間板ヘルニア 脳性麻痺 頸椎損傷 神経原生筋委縮症
筋委縮性側索硬化症 ALS
(筋委縮性側索硬化症)
閉塞性動脈硬化症 多発性筋炎
骨粗鬆症 脊柱管狭窄症 パーキンソン病 透析合併症(長期糖尿罹患)による骨関節障害
アルツハイマー型認知症 前頭側頭型認知症 脊髄小脳変性症

上記傷病名はあくまでも一例です。
上記傷病以外にも訪問マッサージの対象となる場合は多くございます。

マッサージにおける禁忌症

絶対禁忌症(施術により危害を招く恐れのあるもの)

急性病
(急性熱性病、急性伝染病)
悪性腫瘍
(癌(末期等、医師が認めれば可)、肉腫)
急性中毒
(蛇毒、昆虫毒)
急性炎症
(腹膜炎、虫垂炎)
出血性疾患
(喀血、吐血、脳出血直後)
外傷
(創傷部、骨折、脱臼直後)
重症の内臓疾患
(心臓弁膜症、賢炎)

相対禁忌症(マッサージを行っても効果がないか、症状が悪くなる恐れのあるもの)

血管病
(動脈瘤、高度動脈硬化症)
潰瘍性疾患
(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)
結核症
(肺結核、脊椎カリエスなど)
淋病、梅毒、化膿性疾患など